※今回のこの記事はこれからDTPをやってみようと思っている方に向けて書いてみました。

DTPを学んでみよう、と思った時、何から手を付ければいいのでしょうか?
専門学校や通信教育?を使うのは効果的かもしれません。
でも、独力で勉強・・ということもやってみる価値はあると思います。
できるだけお金をかけずにそれなりの効果を上げる方法、ちょっと考えてみましょう。
とにかくDTP環境を揃えて実際に操作しながらDTP作業を学習・・・。
やっぱり第一に環境を作ることだと思います。
これまでアプリ(Illustrator, Photoshop, InDesignなど)を一通りそろえるのは結構な費用が必要でした。
今ではAdobe CCから導入されている定額制で比較的導入はし易くなりました。
それでもちょっと躊躇してしまう方も多いと思います。
そんなとき、まず体験版の一か月のお試し期間を使うとかなりいいみたいです。
(期間が限定されているので学習に気合いが入ります。自然と無駄を少なくする努力をしてしまいます。・・・かも?)

それとよく使われるのが例えば職場のIllustratorを自宅のPCでも使わせてもらうようなやり方です。
同時に使うことはできませんが、一つのライセンスで二台のPCまでインストールできるので職場の管理者と相談の上、許可されればそういうことも・・(職場内で二台のPCにインストールしても同時に使えないのでそのまま・・ということで意外にこんな状態で実質余っていることがよくあるみたいです)。
特にAdobe CCの場合、常に最新のソフト環境で学習できるのでかなり理想的ですね。実際、手元にあればちょっと思いついたり疑問に感じたことをすぐに確かめることができます。

CC_select_PS.fw
(Adobe CCではCS6から最新までいろんなバージョンを選択することもできます。)

※ただ、環境が揃ったからといって簡単に自宅に仕事を持ち込んでしまう・・・職場にもよりますが、持ち出しは基本禁止されていることが多いと思います。業務に直結した使い方から学ぶ事は多いと思いますが、業務上のデータの扱いには十分に注意しないといけません。このケジメはちゃんとしておきましょう。

あとは学習(適当な書籍を入手するなどして)あるのみ。
ここから先は頑張るだけです。

合わせて読みたい