これまでアドビ製品はバージョンアップするたびに機能が追加され、操作の効率もアップしてきました。
現在CCになったことで操作の効率がアップしたものをいくつか紹介しましょう。
出典:実践で上達、”詰めクリエイティブ”に挑戦

今回はIllustratorを使って長方形の角を1つだけ丸くするというもの。
今までなら

  1. 長方形に合う楕円形を描画
  2. 位置を合わせる
  3. 複合パスで切り抜く
  4. 必要に応じてサイズや角度を調整

というように4工程も必要でした。

そこで今回はCCで新たに付加された機能を使って、2工程で1の角だけ丸くしてみましょう。

コーナーウィジェットをドラッグするだけ

このような感じに変形します。
ope-0

1.ダイレクト選択ツールで角丸にしたい角を選択します。

op-01
ここだけハンドルが黒い状態です。

2.この部分をドラッグします。

ope-02
お好みのところで放すと…
ope-03
ハイ!このように1つだけ角が丸くなりました。

角度を指定したい場合はハンドル上でダブルクリックします。
ope-02-2
このような表示が出ます。
ope-02-3
角度を入力してOKを押すと…
ope-03
ハイ!同じように1つだけ角が丸くなりました。

2つの角を丸くしたいときも同様です。

Shiftキーを押しながら2つのハンドルを選択します。

ope-04
2つのハンドルが黒くなります。

この部分をドラッグするか…

ope-05

またはダブルクリックして角度を指定してOKを押すと…

ope-02-3

ハイ、2つの角が丸くなりました!

ope-06

このように今まで多くの工程が必要だった角丸長方形の作成も2工程で実現することができました。

詳しくは➡ 実践で上達、”詰めクリエイティブ”に挑戦

合わせて読みたい