Photoshop CC2014からはフィルターのぼかしギャラリーから以下の各種ぼかし機能を選ぶことができるようになっています。
「フィールドぼかし」
「虹彩絞りぼかし」
「チルトシフト」
「パスぼかし」
「スピンぼかし」
soft-noise_02.fw

これらPhotoshopのぼかしの機能を使って加えたぼかし効果はかなりきれいなものです。
Photoshop CC2015からは更にぼかし効果を使う画像に意図的に自然な感じのノイズを加えることができるようになりました。

たとえばちょっと古いフィルムから起こした画像のように仕上げることができたりします。

「虹彩絞りぼかし」で試してみます。
soft-noise_03.fw

まず適当なぼかし効果を調整。
soft-noise_05.fw

ノイズタブをクリックして「量」のスライダーを右へスライドさせるとノイズが現れます。
「サイズ」「粗さ」「カラー」「ハイライト」のスライダーも使うとより細かくノイズの演出ができます。
soft-noise_07.fw

ちょっとフィルムの粒子みたいな感じでレトロ写真っぽくなった様に思います。soft-noise_09.fw

きれいな画質を競うデジタルカメラ、それだけではない楽しみ方もありそうですね。

合わせて読みたい