お気に入りの写真など、油絵調にする(油絵具で描いたようにする)ことができます。

デジタルカメラでも、イラスト調、水彩調などの写真を撮影する機能を持っているものがありますが、「油彩フィルター」は通常の写真を調整しながら油絵のようにすることができる機能です(Photoshop CS6から搭載されています、でもPhotoshop CC2014には無いそうです。)。
油絵、ちょっと描いたことありますが絵具の処理だけでも困ってしまった経験があります、どれくらい油絵調になるのか興味がありました。

方法

1. 適当な写真を読み込み、[フィルター]→[油彩]を選びます。

oil_01.fw

oil_02a.fw

「油彩」ダイアログが表示されます。
oil_03.fw

2.「ブラシ」オプションと「光源」オプションを調整しながら効果を確認してください。

oil_04.fw
[OK]をクリックしてフィルターを適用します。

 

加工例:

本物の油絵みたいな仕上がり・・と思います。

離陸の椰子_After

 


 

もう少しもやっとした雲が中心になっている画像も試してみました。

加工前:

雲の家

加工後:

雲の家_After

ちょっと驚いてしまいました。油絵具を筆で塗っているタッチが再現されているみたいでかなり本格的な機能だと感じました。
普通のデジタルカメラに組み込まれているイラストの様な写真を撮る機能とは違って、「絵画」みたいなものが簡単に作れてしまいます。

Photoshop CS6かPhotoshop CCをお使いの方はぜひ試してみてください。

詳しくは➡Photoshop ヘルプ / 油彩フィルター
参考➡デジタルカメラでスケッチ(?)

 

合わせて読みたい