Photoshop CS5から「HDRトーン」という機能が追加されています。
写真にHDRトーンをかけるということですが、通常の写真よりくっきりとして絵画の様な感じになります。

HDR写真、画像のダイナミックレンジを広くする、そういう目的で作られる写真。本来、一つの風景を露出を変えて何枚も撮影し、それぞれの露出でよく写っている部分を持ち寄って合成・・という手法だそうです。
ですから本当は何枚も写真が必要なんですね。というわけで「HDRトーン」はそういったものに近い効果が得られるということみたいです。

似たような機能、最近のデジタルカメラに組み込まれていることもあります。
どんな画像になるのか、試してみました。

選択できる項目を確かめる

方法

1. 適当な写真を読み込み、[イメージ]→[色調補正]→[HDRトーン]を選びます。

HDR_00

HDR_01a

「HDRトーン」ダイアログが表示されます。
(プリセットが[初期設定]になっています。プレビューにチェックが入っていれば初期設定状態の設定で処理された画像が表示されます。)
HDR_02afw

 

2. [プリセット]のプルダウンメニューを開き、項目を確認する。

プリセットされている設定の一覧がでます。この中から目的に合ったものを選びます。
HDR_000a

 


 

各プリセットの効果

初期設定HDR_02afw

 

たそがれ時の街
HDR_03afw

 

フラット
HDR_04afw

 

グレースケールノイズ(アコースティック)
HDR_05afw

 

グレースケールノイズ(高コントラスト)
HDR_06afw

 

グレースケールノイズ(低コントラスト)
HDR_07afw

 

グレースケールノイズ
HDR_08afw

 

彩度をさらに上げる
HDR_09afw

 

フォトリアリスティック(高コントラスト)
HDR_10afw

 

フォトリアリスティック(低コントラスト)
HDR_11afw

 

フォトリアリスティック
HDR_12afw

 

 RCS
HDR_13afw

 

彩度を上げる
HDR_14afw

 

Scott5
HDR_15afw

 

シュールレアリスム(高コントラスト)
HDR_16afw

 

シュールレアリスム(低コントラスト)
HDR_17afw

 

シュールレアリスム
HDR_18afw

 

カスタム

ここは自分で設定したものを登録するようになっています。

 


かなりいろいろな効果が選ぶことができます。

絵画的というかちょっとはっきりした画像にしたいとか意図的にあやしい雰囲気にするとか、用途は様々でしょう。
それぞれ、微調整もできるので実際に試してみればいいと思います。

PhotoshopにはこのほかにHDR Proという機能で実際にHDR画像を作ることができるそうです(専用に露出を変化させて撮影した写真が必要ですが)。これも一度やってみようと思います。

以下は「彩度をさらに上げる」で加工してみたものです。

水平遠近HD.fw

 

垂直遠近HD.fw

 

詳しくは➡Photoshop オート機能完全攻略 HDRトーン
詳しくは➡HDR写真の作り方

合わせて読みたい