本サイトではPhotoshop CCからCamera RawがフィルタとしてJPEGデータの処理もできるようになったのでJPEGデータを扱うことを中心に紹介していました。
でも、一度Rawデータを扱うことについての簡単な紹介もしておこうと思っていました。
そこで今回の記事です。画像に関する専門的な言葉が必要になりそうですがそれは避けて、こういうもの、という外観を捉えることを考えてまとめてみました。

デジタルカメラ内で起こっていること

デジタルカメラで撮影したとき何がその内部で起こっているのでしょうか?
いろんなところで語られていますが大体こんな感じですね。

光からデジタル信号へ(Rawデータ発生)
レンズを通して撮像素子(CCDとかCMOSとかFoveonとかですね)上で結ばれた画像(光)が電気信号(アナログ信号)として出力され、次にデジタル化(量子化)されます。

この段階で得られたデータをそのまま記録することができるカメラがあります。
そのデータをRawデータと呼びます。

Rawデータを画像処理エンジンで加工
一般的なJPEGデータを作るために更に画像処理エンジンで以下のような処理がされます。
RGB(各色)のデータを選別し、画像として構成。
明度(明るさ)を調整。
ホワイトバランス(基準となる白に合わせた調整)調整。
シャープネスやコントラストの調整。
ここまでの処理で画像として成立したデータ(TIFFデータ)ができます。

JPEGデータの生成・メモリーへ保存
TIFFデータは更に圧縮処理されてJPEGデータとなり、SDカードなどに記録されます。

以上の工程でRawデータ、JPEGデータが作られます。
Rawデータはほとんど撮像素子の出力をデジタル化しただけのもの、
JPEGデータはいろんな調整がされ、その後圧縮などでデータが間引きされたりしたものです。
JPEGデータの画質などは画像処理エンジンの特性で決まります。それはメーカーがどのような調整にするかを設計的に決めているものです。そして完成されたJPEGデータからもとのRawを再現することはできないことも以上のことからわかります。

RawデータとJPEGデータの特徴

Rawデータ
画像処理エンジンで処理される前のデータ。データ的に選択・修正・削除されていない状態のデータの集まりであるため、そのままでは画像として扱うことはできない。また情報量が多いためファイルサイズもJPEGと比べて大きい。画像処理エンジンと同等かそれに近い処理ができるソフトウエアを使って各調整項目を好みのレベルに調整してから画像として出力することができる。基本的に調整処理によって画像の劣化は起こりません。

JPEGデータ
通常JPEGデータとしての画像はデータサイズも小さく(扱いやすいですね)画質も良く調整されていて実用的には特に問題はないようです。反面、画像処理ソフトで調整ができるものの、データとして完成してしまっているので、その処理によっては画質の低下を招いてしまいます。(Rawデータのような選択・修正ができるデータが削除されてしまっていると考えると分かりやすいと思います。)

Photoshop CCのCamera Rawでは・・・

以上の説明(長い文章、すみません)からPhotoshop CCのCamera RawではJPEGとRawの両方が同じ様に扱えるけれど、違いがある(調整できる項目など)・・・。ということの理由が分かってくると思います。

同じ条件で撮影したRawとJPEGをCmera Rawで開いた例(メニューの違い)

Raw
Raw_02a.fw

JPEG
Raw_01a.fw

Rawデータの処理ではカメラに内蔵されている画像処理エンジンの様な処理で調整を行う。
JPEGデータの処理では画像データとして出来上がったデータの調整を行う。
・・・ということになると思います。

ここで「画像処理エンジンの様な処理を行う・・」とさらっと書いていますが、実はこの処理内容(画像処理エンジン)はメーカーや機種により違います(ちょっと数えただけでもその多さは・・・すごいですね)。

でも、対応カメラについては現状では心配無いみたいです。ほとんどのカメラがOKなんだと思います。
参考⇒Photoshop Help / カメラ機種対応表(Camera Raw)

  一見、JPEGもRawもあまり区別なく扱えるPhotoshop CCですが、同じ様にRawデータから画像を起こす為に各カメラメーカーやソフトメーカーでも専用(独自の)のソフトを出しています(この、画像を起こすことを現像処理と呼ぶそうです、画像の修正ではなく現像なんですね。)。それくらい写真としての仕上がりに対して高い品位(品質?)が求められるシーンが増えているということかもしれません。
Rawデータから納得のできる画像を現像する(作る)作業にはそれなりのこだわりや慣れが必要になりそうです。
そういう意味ではPhotoshopにはCamera Rawはあるべき機能なんだと思います。

このサイトにあるCamera Rawの各機能についての紹介記事です。

合わせて読みたい