以前このサイトで紹介した油彩フィルター、CS6とCCまではあったのですがCC2014では削除されていました。(「油彩」フィルターで写真を油絵調の画像にしてみる)
CCの契約をしていれば旧バージョンもダウンロードして使えるのでいいのですが、CC2015.5で機能そのものが再度登場したようです。

何故復活したのかは分かりません。
でも、結構お気に入りの機能だったので良かったです。
早速また使ってみました。

CCでは、[フィルター]→[油彩]でしたが、CC2015.5では[フィルター]→[表現手法]→[油彩]に配置されています。

Oil_ex_menu_a

出現するダイアログは少し変わっていましたが使い勝手はあまり変わりませんでした。プレビュー画面が小さくなってちょっと見難いです。
(処理エンジンなど細かい改善がされているのかもしれませんね。)

Oil_ex_dbox

折角なので今回はスマートフィルターとして写真に油彩効果を追加し、部分的に元画像を使うことを試してみました。

適当な画像を読み込んでおきます。
Oil_ex_1

「油彩」ダイアログボックス内の各つまみをいろいろ調整してみました。
Oil_ex_2

目と鼻の部分だけスマートフィルタを解除し、元画像が覗くようにして完成。
Oil_ex_3

いろんなフィルターや効果と組み合わせて使うと面白い表現ができそうです。
手持ちの画像で試してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい